ホンダCR-Zは2010年にデビューしたハイブリッドエンジンを搭載しているスポーツカーです。

ハイブリッドエンジンを搭載しているスポーツカーは非常に珍しいですね。CR-Xやインサイトなどのような雰囲気を纏っています。

新車購入価格はベースグレードで2,700,000円~となっています。

ホンダCR-Z

スタイリング

ホンダCR-Zは空力性能を重視してデザインされています。1,395mの低全高ボディのキャビン後部を絞り込んで、テールゲートの傾斜を強くしています。

フロントウィンドウとフロントピラーの段差を最小化しているフラッシュサーフェス構造を採用しています。

アンダーカバーのデザインと徹底的に研究してフラット化することによって、ボディ底を流れる空気をスムーズに処理しています。

その結果、走行性能と燃費性能を両立することに成功しました。

ボディ全体から感じるインパクトも強いですね。伸びやかで品格のある力強さを感じます。

インテリア

ホンダCR-Zは心から運転を楽しむことができる空間を意識してデザインされています。

例えば、ヒップポイントを低くして、ヒールポイントとの高低差を小さくすることで腰がシートにしっかりと包み込まれます。

その結果、走行中の車のちょっとした挙動も感じ取れるようになるメリットがあります。

フロントシートはシートの奥に引き込まれるシートクッション形状を採用していて、腰全体を包み込んでくれます。

また、フロント運動は他の車両のものよりも高曲率となっていることで、斜め前方の視界も良好です。

コーナーを曲がる際にも視界が確保されるので安心して走行することができます。

安全性能

走行性能が高いだけでなく安全性能も充実しています。

ホンダCR-Zにはシティブレーキアクティブシステムが搭載されています。時速30キロ以下の状態で前方の車両との衝突の回避・軽減を自動ブレーキで対応してくれます。

さらに前方に障害物があるケースでアクセスを踏み込んだ場合は急発進を防止する機能も搭載されています。

フロントガラス上部に設置されているセンサーによって前方の状況を把握してシステムを作動させる仕組みになっています。

買取価格

ホンダCR-Zの気になる買取価格を紹介します。買取を検討している場合はぜひ参考にしてください。

平成24年式のα ドレストレーベル、走行距離7万キロのCR-Zの場合は50万円で買い取ってもらった事例が報告されています。

平成23年式のβグレード、走行距離11万キロのCR-Zの場合は41万円で買い取ってもらえた事例があります。

平成22年式のαグレード、走行距離3万キロのCR-Zの場合は53万円で買い取ってもらえたケースがあります。

このようにホンダCR-Zの買取価格はコンディションによって多少の差はありますが、大体30万円~50万円付近で推移しているケースが多いですね。

あなたもそろそろCR-Zを売却しようと考えているのであれば、買取専門店に査定依頼を申し込んでみてはどうでしょうか?