ホンダN-BOXは2011年から販売を開始しているトールワゴン型の軽自動車です。

今までのホンダ車にはなかった軽自動車規格のミニバンという位置づけて開発されました。

ホンダN-BOXの新車購入価格はCグレードが1,198,000円、そしてCustom 特別仕様車 SSブラックスタイルパッケージが1,645,000円で設定されています。

ホンダN-BOX

デザイン

ホンダN-BOXのプロポーションはボックスタイプとなっていて、軽自動車でありながら存在感を与えるデザインに仕上がっています。

カラーバリエーションが豊富で、通常のワントーンのカラーリングだけでなく、ボディとルーフの色が異なる2トーンカラーも選択することができます。

さまざまなカラーバリエーションが用意されていているので、個性的なカラーを選択すれば街中でカブることもありませんね。

室内空間

室内長は218cmに設計されていて、軽自動車の中でも最大級のサイズになっています。

エンジンルームやCVTのコンパクト化や補機などの配置などにも工夫を施すことで広い室内スペースを確保することに成功しました。

そのため、大人4人が乗車してもゆったりとくつろぐことができます。

後席においても燃料タンクの位置を従来の後席の下から前席の下に移動させることで快適です。

後席に身長173mの大人が乗車しても足を組んで座ることも可能です。

一般的な2.0リッターのミニバンくらいの前後シートの間隔がありますね。

室内高は140cmを実現しています。そのため小さな子供なら室内で立ったままで着替えることもできます。

日焼け防止も万全

ホンダN-BOXには日焼けを防止するために360°スーパーUV・IRカットパッケージが搭載されています。

日焼けの原因となるUVを約99%カット、熱さの原因となるIRを約70~80%カットすることに成功しました。

フロントガラスだけでなく全てのガラスに採用されているので、どの席に乗車しても日焼けや暑さを気にせずに快適に過ごすことができます。

荷室スペース

軽自動車なので、荷室スペースはそれほど確保されていません。但し後席を前方にスライドさせることで荷室スペースを拡大させることができます。

スライドリアシートはタイプ別のメーカーオプションとなっています。

後席を跳ね上げることで荷物を積むスペースを作ることもできます。例えば、A型ベビーカーはたたまずに積むこともできますよ。

買取価格

ホンダN-BOXの気になる買取価格を紹介します。

平成28年のG SSパッケージ、走行距離1万キロのN-BOXの場合は114万円で買い取ってもらった事例があります。

平成25年式のG Lパッケージ、走行距離4万キロのN-BOXの場合は、83万円で買い取ってもらった事例があります。

平成24年式のG Lパッケージ、走行距離が8万キロのN-BOXの場合は、53万円で買い取ってもらった事例があります。

ホンダN-BOXは2011年から登場した新しい車種なので、どのモデルも高価買取が期待できます。

買取専門店だけでなくディーラーに下取りに出しても高値で買い取ってもらうことができますよ!