ホンダ・オデッセイは1994年に登場したミニバンタイプの乗用車です。

新車購入価格に関してはグレードGが2,760,000円、そしてHYBRID ABSOLUTE・Honda SENSINGが3,780,000円に設定されています。

ホンダ・オデッセイ

デザイン

ホンダ・オデッセイは大きなボディサイズを活かした伸びやかなプロポーションに仕上がっています。

スポーティなデザインを採用することで比較的若年層の方やスポーツカーに乗っていた方もオデッセイを購入する傾向があります。

4代目オデッセイにはセダン型燃料電池自動車FCXクラリティのようなフロントマスクを採用しています。

またテールランプに関しては初代モデルから引き継がれてきた三角形から横長のデザインに変更されました。

インテリア

ミニバンということで車内スペースは非常に広いです。もちろん単にスペースが確保されているだけでなく質にも意識して設計されています。

上質なソフトパッドパネルが採用されていて、タッチする感触や操作性もバッチリです。

エアコンにもタッチパネルが採用されています。指先のフリック操作によってかんたんに設定温度を調整することができます。

2列目シートにはプレミアムクレードルシートが採用されています。背もたれを倒すと座面前部が持ち上がって姿勢をホールドしてくれます。

さらにはロングスライド機能や背もたれの中折れ機構、オットマンも搭載されていて、ゆったりとくつろぐことができます。

超低床プラットフォーム

ホンダ・オデッセイには超低床プラットフォームが導入されています。

天井を高くするだけでなく床面も下げることで車内空間を十分に確保することに成功しました。

フロア下に設置している燃料タンクや排気系装置を極限まで薄くすることによって空間が広くなるだけでなく低重心化が実現でき、走行性能もアップしています。

オデッセイの買取価格

ホンダ・オデッセイの気になる買取価格を紹介します。

平成26年式のアブソルート EXホンダセンシング、走行距離4万キロのオデッセイは買取価格110万円となっています。

平成22年式のグレードM・エアロパッケージ、走行距離10万キロのオデッセイは買取価格46万円となっています。

平成19年式のグレードL・Kパッケージ、走行距離9万キロのオデッセイでは買取価格25万円となっています。

平成18年式のアブソルート、走行距離12万キロのオデッセイでは買取価格33万円となっています。

グレードにもよりますが、平成25年式までなら買取価格100万円オーバーも狙うことができます。

一方で平成19年式くらいのオデッセイは評価がそれほど高くなく、30万円前後となっています。

少しでも高く売りたい場合は複数の買取業者に査定依頼ができる一括買取査定サービスを利用することをおすすめします。