ホンダS660は2015年から販売がスタートしたタルガトップ仕様のオープンカーです。

1996年に販売を終了したビートの後継モデルとなっています。

ホンダS660の新車購入価格はαグレードが2,180,000円、βグレードが1,980,000円で設定されています。

ホンダS660

デザイン

ホンダS660の特徴はやはりオープンエアを楽しめるところだと思います。

全体のプロポーションとしては、突き抜ける弾丸のようなカタマリ感のあるフォルムとなっています。

単にルーフを取っ払っただけでなく、フロントウィンドウを走行時に不快な風の巻き込みを抑えられる形状に設計されています。

タルガトップとなっているのでルーフ部分は簡単に取り外すことができます。ルーフ前方の中央部のセンターロックとルーフサイドのサイドロックによってしっかりと密閉することもできます。

取り外したルーフはくるくると巻き取ってフロントフード内のユーティリティボックスに収入することができます。

ボディカラーはホワイト、グレー、ブラック、ブルー、イエロー、レッドの全6色が用意されています。

インテリア

ホンダS660のインテリアはシンプルな仕様になっていて、スポーツドライビングを演出しています。

スポーツシートが採用されていて、コーナーリング中に受ける横Gを受けても正確な運転ができるようにしっかりと身体を包み込んでくれます。

ステアリング(ハンドル)に関してはホンダ車の中で一番小さなサイズとなっていて、軽快にステアリングを切り込むことができます。

メーター類もこだわっています。中央部分にデジタルスピードメーターを設置して、その周囲にアナログのタコメーターを配置しています。

エンジンの回転数によってタコメーターが飛び跳ねる仕様になっているので、運転するのが楽しく感じられます。

自分がレーシングドライバーになったかのような感覚を味わうことができるのも嬉しいですね。

走行性能

ホンダS660には専用設計されたターボチャージャー採用の高回転型660c DOHCエンジンが搭載されています。

特に低・中速域でパワーを発揮する仕様になっています。ターボチャージャーの恩恵によってアクセルレスポンスも鋭いです。

エンジン吸気口の配置やエアクリーナーのサイズを工夫することで、エンジンサウンドやブローオフバルブの作動音などが心地よく聞こえます。

買取価格

ホンダS660はデビューしてからそれほど経過していないので流通量が少なく、買取データも少ないのが現状です。

平成28年式のαグレード、走行距離1万キロのS600の場合は178万円で買取専門店に買い取ってもらった事例があります。

平成27年式のαグレード、走行距離1万キロのS660の場合は160万円で買い取ってもらえた事例が存在します。

平成27年式のβグレード、走行距離2万キロのS660の場合は142万円で買い取ってもらったという事例が報告されています。

またホンダS660は買取専門店はもちろん、ディーラーでも高値で引き取ってもらえます。

次の車もホンダ車を希望するならディーラーで売却した方がメリットが大きいと思います。