ドッグフード選びに苦労している飼い主さんは意外と多いです。

一般的にドッグフードは原材料の品質に応じて価格も上昇する傾向があります。

日本国内で購入できるドッグフードは数多く存在していて、その品質もピンキリです。

1kgあたり300円くらいから購入できる安価なドッグフードから、1kgあたり5,000円以上もするような人間でも食べられる品質のドッグフードも登場しています。

まずはあなたがどのレベルのドッグフードを愛犬に与えたいかを明確にすることが大切です。

ドッグフード

 

安い価格のドッグフードの秘密

1kgあたり300円くらいの安価なドッグフードでは、コストを抑えるために廃棄処分をする肉類を使用しています。

人間向けの食品として利用できない肉を有効活用することができるので、そのこと自体は悪いことではありません。

しかし、中には病気で死んだ動物の肉なども使用しているという噂も聞かれます。

また、安価なドッグフードではトウモロコシや小麦などの割合を増加させてコストを抑えています。

穀物類は肉類と比較すると価格が安いので、第一原材料(一番多い原材料)に穀物を使用しているドッグフードも存在します。

犬は本来肉食動物なので、より多くの肉類を摂取する必要があります。

炭水化物ばかりを摂取して、肝心な動物性タンパク質が不足してしまいます。

人間の食事で喩えると、毎日ご飯を食べずにスナック菓子ばかりを食べているようなイメージですね。

 

添加物の危険性を知ろう

質の悪い肉類や穀物類をたくさん使用しているドッグフードはワンちゃんの食いつきが悪くなります。

そこで、原材料の質の悪さをカバーするために添加物が使用されています。

1kgあたり300円くらいの価格設定の安価なドッグフードには添加物が配合されている商品が多いです。

例えば、合成着色料や合成香料、合成酸化防止剤などが挙げられます。

添加物は健康を害するリスクが高まります。

ドッグフードに使用される添加物は人間向けの食品よりも規制が緩いです。

そのため、より危険性のある添加物が多く使用されているため、健康への影響が大きくなるのです。

 

動物性油脂にも注意

その他にも添加物では内ですが、動物性油脂にも気を付けて下さい。

動物性油脂とは廃肉をレンダリング処理する際に抽出される油脂分のことです。

質の悪い肉類から抽出される成分なので、当然品質は悪いです。

さらにチキンやラムなどの具体的な動物名が記載されていないので、どのような動物から抽出した油脂分かも把握できません。

動物性油脂は犬の食欲を促進するので、品質の悪いフードに添加することで食欲が促進されるのです。

この動物性油脂はフードの酸化スピードを速めるため、合成酸化防止剤を使用することになります。

食いつきが良いフードと悪いフードの違い

ワンちゃんにも好みがあり、食いつきが良いドッグフードと食いつきが悪いドッグフードがあります。

特にドライフードは食いつきの良いフードと食いつきが悪いフードに別れることが多いです。

ドライフードは水分量が10%以下に抑えられているフードなので、自然な食材とは異なる食感や味がするためです。

そのため、水分が少なくて味気ないので、ドライフードを食べてくれないワンちゃんが多いです。

無添加のドッグフードは健康に良いですが、ワンちゃんの食欲を促す添加物が使用されていないので、食いつきが悪いケースがあります。

今まで添加物が大量に入っているドッグフードを与えていた場合は、無添加のドッグフードが味気なく感じてしまうので気を付けて下さい。

 

新しいドッグフードへの切り替え方法

今まで与えていたドッグフードから新しいドッグフードに切り替える際にも注意が必要です。

いきなり全てを新しいドッグフードに切り替える行為はNGです。

今まで食べていたドッグフードとは全く違うフードに切り替えると、ワンちゃんが警戒して食べてくれないケースがあるためです。

その他にはワンちゃんの胃腸が新しいドッグフードになれておらず、お腹の調子を崩してしまう恐れもあります。

そのため、新しいドッグフードに切り替える際は時間をかけて徐々に新しいドッグフードの比率を上げていくようにしましょう。

大体の目安としては10日~14日程度の時間をかけて切り替えることをおすすめします。

新しいドッグフードの食いつきがあまり良くない場合は、さらに時間をかけてじっくりと慣れさせましょう。

 

愛犬にピッタリのドッグフードを探そう

上述しているとおり、ドッグフードは実にさまざまな種類がラインナップされています。

価格だけでなく、どのような原材料をしているのかをしっかりと確認してから購入することをおすすめします。

当サイトでは各ドッグフードの特徴を詳しく解説しているので、ドッグフード選びに悩んでいるならぜひ参考にして下さい。

きっとあなたのワンちゃんにピッタリなドッグフードが見つかるはずです。